カテゴリー
国務大臣 未分類

9月入学「課題をしっかり検討」 稲田自民幹事長代行がNHK日曜討論で

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200503-00000045-mai-pol

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け政府が6月までに論点整理する学校の9月入学案について、自民党の稲田朋美幹事長代行は3日のNHK討論番組で「コロナの危機を契機に社会変革を起こしていく意味において、9月入学の課題もしっかり検討していくべきだ」と述べた。

 稲田氏は中曽根内閣や第1次安倍内閣時などを念頭に、9月入学は「政府でもかつて検討してきた課題」だと指摘。学生の学ぶ機会確保のため「いろんな論点を早急に洗い出し、結論を出していく」とした。公明党の斉藤鉄夫幹事長も「良いチャンスなので議論を活発化させていくべきだ」と述べた。

 国民民主党の平野博文幹事長も「学びの保障の一つの方法として、9月入学の考え方はある」と前向きな意向を示した。日本維新の会の馬場伸幸幹事長は「やるなら今回しかない」と述べた。

 一方、立憲民主党の福山哲郎幹事長は、議論の必要性自体は「否定はしない」としつつ「コロナで何かいつの間にか決まるようなことは子供の不安を増幅する。慎重に対応すべきだ」とした。共産党の小池晃書記局長も「コロナ危機の最中に、国民的な議論ができる環境にあるのだろうか」と疑問を呈した。【野間口陽、水脇友輔】

今回のコロナ侵入だけを理由に、様々な影響が出る9月入学に安易に変えるべきではないと思う
次回コロナが外国で発生したら、即完全入国禁止にすれば緊急事態にはならないから、休校にする必要もないし
それに稲田氏は
「国民の生活が大事なんて政治は私は間違っていると思います」
「国民は国を護るために血を流さなければならない」
「男子も女子もみんな自衛隊に体験入学すべき」と言っていた
そんな発言をする人に、国や国民の事で正しい判断ができるとは思えない

稲田朋美議員語る「男子も女子も自衛隊に体験入隊すべき」

https://jisin.jp/domestic/1621398/

稲田朋美衆議院議員(56)は安倍総理の“側近”といわれ、“女性初の総理”候補と目されている。来年の参院選に向け党政調会長の続投が決まった彼女が、本誌記者の直撃インタビューを快諾してくれた。稲田議員が語る安保法制とは。

−−9月に可決した安保法制について。安倍総理は「国民の理解が得られていない」と認めているが。

「まだ《戦争法案》とか、《徴兵制になるかもしれない》などという不安を持っている方たちには、しっかり説明を尽くすべきだと思います。どんな国でも自分の国を守るって必要。必要最小限の自衛権を行使できるようにしておくのは重要なことだと思います」

−−自民党の憲法改正草案では、自衛隊を「国防軍」と表記していますが?

「うん、私は自衛軍であろうが国防軍であろうが、名称にはこだわりません」

−−核保有に関しては、過去に《日本独自の核保有を、単なる議論や精神論ではなく国家戦略として検討すべき》(『正論』’11年3月号より)と発言していますが?

「っていうか、議論もしないというのは絶対おかしいと思います。ただ、いま核を持つということをわが国で考えるというのは、かなり非現実的だと思いますが……」

さらに自衛隊に関して言えば、次のような発言も過去に見られる。《教育体験のような形で、若者全員に一度は自衛隊に触れてもらう制度はどうですか……『草食系』といわれる今の男子たちも背筋がビシッとするかもしれませんね》(前出『正論』同号)

「……もう、かつてはすごく勇ましいよね(笑)。徴兵制というのは、まったく憲法に違反していると思いますし、徴兵制で集めて国を守るというのもナンセンスだと思う。でも、たとえば自衛隊に一時期、体験入学するとか、農業とか、そういう体験をすることはすごく重要だと思います」

−−それは男子だけですか?

「(稲田議員はキッパリと)男子も女子もですね。『やれ』と言っているのではなくて、そういう教育制度として、たとえば農村体験であったり、ボランティアだったり(と同様に)するのは重要だと思います」

−−徴兵制とは言わないまでも志願者を募る方法もありますが、若年層の貧富の格差が指摘される昨今、高い日当で募集されたりはしませんか?

「そういうことは考えないね、ぜんぜん。いま自衛隊の倍率は7倍ですよ。いろんな動機で入る人がいるでしょうが、基本的に災害から国民を守るとか平和活動をしたいと思う若者が多いと思います」

−−安保法制で自衛隊の志願者は減っていくのでは?

「本当に7倍ですよ。息子の友人も、海上自衛隊の幹部候補生(の試験)を受けて、入りました。一線で国を守りたいという若者もいますから」

−−最後に、“女性初の総理”候補として、今後のビジョンは?

「総理はなりたいと思ってなれるものでもないし、努力だけでなれるものでもない。日々の精進も必要だし、タイミング、運、人の輪も必要だと思う。私はいまの日々の仕事を一生懸命することに尽きるかなと思います」

カテゴリー
国会議員 国務大臣 自由民主党

この違和感は何だ>西村大臣「何か勘違いをされている」 吉村知事の“大阪モデル”公表の経緯に反論

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200506-00010021-abema-soci

西村経済再生担当大臣は6日、緊急事態宣言の延長をめぐる大阪府・吉村知事の発言に「何か勘違いをされているのではないか」と反論した。

【映像】西村大臣「吉村知事は勘違いされている」

 大阪府は5日、緊急事態宣言の延長を受けて、自粛解除に向けた独自の“大阪モデル”を公表した。発表に際して吉村知事は「大事なのはまず数値で示すということなので、まず数値で出口戦略をする」「本来は国で示して頂きたかったが、それが示されないということになったので、府としてのモデルを決定したいと思う」と説明していた。

 この件に関する受け止めを聞かれた西村大臣は「報道で承知している」とした上で、「何か勘違いをされているのではないかと、強い違和感を覚える。各都道府県の裁量で休業要請なり解除なりを行っていただくわけなので、その説明責任を果たすのは当然。都道府県の知事の権限・裁量を増やしてほしいと要請や主張をされながら、『休業要請を解除する要件の基準は国が示してくれないから』というのは大きな矛盾だと思う」と反論。

 それを踏まえ、国の考えとして「緊急事態宣言の対象区域、解除の基準をどう考えていくか。先般少し指標についてお示ししたように、今後の出口について責任をもって数値・基準をお示したいと考えている」と述べた。
(ANNニュース)

勘違いどころか、具体策を講じない政府に言える立場ではありません。悔しかったら、吉村知事を唸らされるような策を考えなさい。

西村さん、貴方が頼りないのと国民の気持ちが
わからないから、吉村知事が仕方なく発信したん
ですよ。
勘違いしてるのは貴方、西村さんですよ。
西村さん、貴方も安倍、麻生と同じ類いの人間という
事が分かりました。大臣としての仕事が出来ず、国民目線での考えかたも出来ないがプライドだけは高い、税金泥棒ですね。私は貴方に強い違和感を感じます。

恥ずかしく無いのかな、吉村さんは相手にもしてないと思うけど!
自分がコロナに感染したかと思えば国民は中々検査受けられなくて亡くなった方も居るのに平然と当たり前の様に検査を受けて恥ずかしく無いのかと思います。
自分達の無能さを棚に上げて嫉妬、やっかみですか恥ずかしくないんですか?
全て国民任せ、テレビに出てる時間あるなら仕事して下さいよ。
府知事に負けない様に、国民が流石と思える様な答えを出してみて下さい。

カテゴリー
プロフィール 厚生労働大臣 国会議員 国務大臣

「コロナにアビガンが劇的に効いた」 患者の声にも厚労省が使わせない

https://news.yahoo.co.jp/articles/61d9fc617dea3ec6e1a16508509d76e5a77ec13f

 抗インフルエンザ薬「アビガン」を特効薬と断じるのは尚早だが、縋(すが)りたい罹患者も少なくあるまい。だがアビガン使用には“厚労省の壁”が存在していて――。 【コロナ感染死】最期の対面はなぜ許されないのか “おくりびと”も苦悩  ***

 東京都内に住む50代の会社員男性は、その効き目に思わず唸ったという。 「40度近い熱が続いていたのに、アビガン投与の当日に効果が出たんですよ」  劇的な“復活”を、その顛末とともに振り返るには、 「3月末に熱っぽさを感じ、体温を測ると38・6度でした。3日間自宅隔離をしましたが、熱は下がらない。かかりつけの病院では、レントゲンを撮っただけで“コロナは陰性だろう”と言われ、総合病院でも、受付で“コロナの検査はできない”とあしらわれました」  3月31日になって、 「港区内の大学病院に電話をして症状を伝えると、診てもらえることになりました。レントゲン撮影やCT検査で肺炎症状が確認され、新型コロナ感染の疑いありということで、ようやくPCR検査を受けたのです」  結果は陽性。4月に入りこの大学病院に入院しても、 「38度以上の熱が続き、40度近い高熱で意識が朦朧としたこともありました。最初に投与されたのはマラリアの薬でしたが、2日間続けても、熱と下痢が治まりません。次に使ったHIV(エイズ)の薬も私には合わず、下痢の副作用が強く出てしまいました」  そして、入院から5日後。 「3番目の薬としてアビガンを投与されました。するとすぐに熱が引き、下痢も止まったのです。投薬初日なのに、です。最初は朝晩9錠ずつ服用しました。量の多さには驚かされましたけれど、症状が治まったからか、3日目からは1回4錠に減りました」  まさしく、アビガンさまさまである。

特例として幅広く

 投薬前にはこんなこともあった。男性が続ける。 「副作用の説明を受けて同意書にサインする際、医師からはおもに、下痢や尿酸値の上昇といった副作用を告げられました。でも最大の副作用とされる催奇形性(さいきけいせい)、つまり妊婦が服用したとき、胎児に奇形が起こる危険性の説明はなかったんです」  これから子どもを作りたい男性にも、奇形児が生まれる危険性はあるはずなのだが……。ともあれ、 「ただ私は痛風持ちなので、尿酸値が上がり、見事に痛風が出てしまいました。こちらは別の薬で抑え、問題はありませんでしたが」  痛風の痛みはツラいが、重症化から落命に至る可能性は薄まった。喜びに浸る男性は、ふと思いつく。なぜ最初からアビガンを使わなかったか――。 「担当医に訊ねたら、“厚労省に申請していて許可が下りるのに時間がかかった”と言うんですね。これだけ劇的に効くのなら、多くの患者さんが使えればいいと思うんですよね」  男性のこの思いを受け、政府関係者が解説する。 「いまアビガン投与が可能なのは、『富士フイルム』が行う治験と各医療機関による観察研究です。今回の男性のようにアビガンを使う場合、適応外使用ゆえに、観察研究における倫理審査などの手続きが煩雑で、時間がかかるという側面があります。しかしそれよりも、厚労省は副作用を恐れるあまり、消極的になっている。ドイツをはじめ、海外ではどんどんアビガンを輸入して積極的に投与する流れなのですが……」  肝心の国内でなかなか使えない現実には、“厚労省の壁”が立ちはだかっていたのだ。日本医科大特任教授の北村義浩氏は言う。 「治験は96症例を集めるまで実施され、終了予定は6月末です。一方、感染者へのアビガン投与で軽症者の9割、重症者の6割に改善傾向がみられたとの研究結果があります。感染拡大がここまでの事態となったいま、効果があるのなら、厚労省は素早く、幅広く使用できるよう特例を認めてもいいのではないでしょうか」  とりわけ、これから子どもを作る予定のない男女や重症化しそうな高齢者には、ぜひとも使うべきだろう。 「週刊新潮」2020年4月30日号 掲載

新潮社

大臣・副大臣・政務官の紹介

厚生労働大臣

写真(加藤 勝信)

加藤 勝信かとう かつのぶ

プロフィールはこちら

厚生労働副大臣

写真(橋本 岳)

橋本 岳はしもと がく

プロフィールはこちら

写真(稲津 久)

稲津 久いなつ ひさし

プロフィールはこちら

厚生労働大臣政務官

写真(小島 敏文)

小島 敏文こじま としふみ

プロフィールはこちら

写真(自見 はなこ)

自見 はなこじみ はなこ

プロフィールはこちら

総理が法律上使えないと言っていたが、それを変えるのが国会議員ではないの?
今は与野党関係なく対処するべきでしょう。
総理にお願いするのではなく対案を出せばいい。
基本的に省庁は法律に基づいて動いているのだから。
まぁ都合よく忖度や超法規的措置などやりたい放題やったりもできるのに、、、。

きっと安全性ってことより金、報酬が大きく絡んでるんだろうね。

難しい判断だが世界各個に無償供与している。
治験の数も国内だけで行うより早いだろう。
安全が一番だ!
しかし緊急事態における超法規的措置だといって認可することも必用かも。
こう言う時にリーダーシップを取れるのが有能な政治家ではないか?

カテゴリー
国会議員 国務大臣 文部科学大臣 自由民主党

 自民党の馳浩元文部科学相ら>「善意の手伝い、思い違いだった」馳氏らがHPに回答書

https://news.yahoo.co.jp/articles/8eb3c0d49aa7620e9e51b2c90a50507a104e586f

 自民党馳浩元文部科学相らが10代女性の支援団体「Colabo」を視察した際の振る舞いが批判されている問題で、馳氏らが28日、「抗議文と要望書をいただく事態になりましたことを深くお詫(わ)び申し上げます」などとする回答書を公開した。 「自民党総裁として申し訳ない」馳氏視察への抗議に首相  回答書によると、22日に視察したのは馳議員が会長を務める「自民党ハウジングファースト勉強会」の国会議員5人と秘書2人、新宿区議3人の計10人。バスを利用した無料カフェの設営を手伝った際、大声を出すなどしたことが「威圧的、女性蔑視」とされ、「善意のお手伝いだと思っていた行動が、当方の思い違いだった。活動の趣旨を十分把握できていなかった」とした。  許可を得ずに写真を撮り、SNSにアップしたことについては、「プライバシーに最大限の配慮をし、撮影の可否を尋ね撮影することも心掛けた」とし、データはすべて消去したという。馳氏が女性メンバーの腰に手を触れたと抗議を受けている件については、「全く意識に残っていない」とした。

https://www.asahi.com/articles/ASN4W6789N4WUTIL02S.html?ref=yahoo

自民党の国会議員らが10代女性の支援団体を視察した際の振る舞いに批判が広がっている。団体側は新型コロナウイルスの感染拡大で深刻化する貧困や性搾取の問題を知ってもらいたいと受け入れたものの、議員側は多数で来訪して密集状態をつくり、大声を出したり、許可なく撮影してSNSにアップしたりしたという。団体側は「暴力に苦しむ女性を救う場で、あまりにも自分の加害者性に無自覚だ」と反発している。

 馳浩元文部科学相が会長を務める「自民党ハウジングファースト勉強会」が22日に視察したのは、一般社団法人「Colabo」が東京・新宿で運営するバスカフェ。無料で食事や衣服を提供し、10代女性の居場所作りをしている。

 Colaboによると、前日に阿部俊子・衆院議員から視察の申し入れがあり、「5人までなら受け入れ可能」と伝えた。ところが議員側は、秘書や新宿区議も含めて約15人がやって来たという。

 馳議員らはカフェの設営に参加。性被害のトラウマから男性に恐怖感がある女性が働くなか、大声で秘書を呼ぶなどした。作業を続けられなくなった女性もいたという。さらに、虐待から逃れて居場所を知られてはいけない女性もいるにもかかわらず、許可を得ずに写真を撮り、「ボランティア第一弾」「10代少女の寄り添い支援に参加」とツイッターなどで発信した。

 馳議員が「女の子だから」とテントなど重い荷物は女性に渡さず、若手議員らに運ばせる場面もあったといい、Colaboの仁藤夢乃代表は「当事者運動であることを重視し、普段はみんなで作業を分担している。女性は力ない存在で守ってやろうという上から目線を感じた。威圧的な態度がなぜ問題なのか考え、反省して欲しい」と話す。

「謝罪と言えない」 ツイッターでも批判

 Colaboは24日、こうした問題に加え、少女の腰を馳議員が両手で触ったとして抗議文を公表。馳議員は25日、公式ホームページで「不愉快な思いをさせた事となり、おわびします」とする一方、セクハラの訴えには「狭い空間で行き来しており、腰に手を当てたかどうかは、全く意識に残っていない。事実なら大変申し訳ない」とコメント。ただColaboに連絡はなく、ツイッターなどでは「謝罪といえない」と批判を受けている。朝日新聞は馳議員の事務所に取材を申し入れたが、27日夕までに回答はなかった。

 大妻女子大の田中東子教授(ジェンダー論)は「議員側は仁藤さんらがどうして怒っているのか、まだ理解していないのではないか。困っている人に寄り添う政策を作るための視察で踏みつけるのは問題だ」と話す。(江戸川夏樹

馳浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%B3%E6%B5%A9

馳 浩(はせ ひろし、旧姓:川辺[2]1961年5月5日[1] – )は、日本政治家教育者プロレスラー自由民主党所属の衆議院議員(7期)、自由民主党教育再生実行本部長東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会顧問会議・顧問。富山県西礪波郡砺中町(のちの小矢部市)生まれ、石川県金沢市育ち。

1984年のロサンゼルスオリンピック代表を経てプロレスラーとなり、新日本プロレス全日本プロレスなどで活躍した。

1995年に参議院議員に当選し政界入りし、文部科学大臣第20代)を務めた。

2006年にプロレスラーを引退。妻はタレントの高見恭子

カテゴリー
国会議員 国務大臣 法務大臣

「100キロで行って」河井克行前法相のスピード違反“教唆”音声を公開する

河井案里参院議員(46)の昨夏の参院選を取り仕切った河井克行前法相(57)。その選挙にまつわる公選法違反事件は、すでに秘書ら2人が起訴されたウグイス嬢の違法買収にとどまらず、広島県内各地の首長や県議、市議が次々と地検の事情聴取に呼ばれるなど捜査が続いている。渦中の克行氏について、今回、「週刊文春」が新たな疑惑を呼ぶ音声を入手した。 【動画】決定的な道交法違反の“教唆”音声  かねてから、克行氏が秘書にスピード違反や、高速道路で極度に車間距離を詰める「あおり運転」を命じているといった情報が度々寄せられてきた。  今回「週刊文春」が入手したのは、それを裏付ける決定的な道交法違反の“教唆”音声だ。以前、地元の私設秘書を務めていたA氏が語る。 「克行氏のパワハラは特に車中でひどかった。私は運転手を兼ねた秘書をしていましたが、とにかく、車に乗ると些細なことで一日中怒られます。自分に非がないことを証明するために音声を録りました」  膨大に保存された録音を聞いてみると、例えば雪が舞う真冬のある日、県北へ向かう中国自動車道でのこんなやり取りがおさめられている。  克行氏「もうちょっと速く行って。だいたい100キロくらいでいってよ。(中略)今、何キロ?」  秘書「108キロです」  克行氏「100か110の間くらいで。それが一番いいよ」  秘書が「規制は今日、50になってますけど」と指摘すると、「ふーん」とつまらなそうに一蹴する。  ちなみに、50キロ超の速度違反は違反点数12点で、一発免停だ。この日の気温は路面が凍りかねない氷点下。危険極まりない超過速度の強要である。  山田秀雄弁護士が語る。 「これは悪質なパワハラですし、道交法違反の教唆犯にあたる可能性があります」  A氏はこう振り返る。 「高速道路での車間距離の詰めかたは、あおり運転以外の何物でもなく、前方の車も恐怖だったでしょう。思い通りの運転じゃないと罵られるし、真冬の速度違反も怖かった。法令遵守のかけらもない人が法相になったのには驚きました。いまだに国会議員を続けているのが許せません」  克行氏の事務所に、こうした言動について質問したが、回答はなかった。  4月30日(木)発売の「週刊文春」では、克行氏の近況やその他の音声についても詳報している。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年5月7日・14日号

【関連記事】

カテゴリー
国会議員 国務大臣 法務大臣

森 まさこ

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/meibo/daijin/mori_masako.html

プロフィール

生年月日昭和39年8月22日
出身地福島県
参議院議員福島選挙区 当選3回

略歴

昭和63年東北大学法学部 卒業
平成 7年弁護士登録
平成11年米国ニューヨーク大学法科大学院客員研究員
平成17年金融庁総務企画局課長補佐(貸金業法)
平成18年金融庁検査局金融証券検査官(証券・金融)
平成19年第21回参議院議員選挙当選
平成21年自民党 法務部会長
平成22年自民党 副幹事長
平成23年参議院 法務委員会理事
参議院 東日本大震災復興特別委員会理事
平成24年参議院 行政監視委員長
第2次安倍内閣で初入閣。女性活力・子育て支援担当大臣 ※平成26年9月まで1年8ヶ月
平成25年第23回参議院議員選挙当選(2期目)
平成26年参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員
参議院 財政金融委員
参議院 国民生活のためのデフレ脱却及び財政再建に関する調査会理事
自民党 女性活躍推進本部PT座長
平成27年自民党 環境部会長
参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会理事
平成28年参議院 環境委員長
参議院 東日本大震災復興特別委員会
参議院 資源エネルギーに関する調査会
平成29年参議院 環境委員会理事
参議院 東日本大震災復興特別委員会
参議院 資源エネルギーに関する調査会
自民党 総務副会長
自民党 治安・テロ対策調査会会長
平成30年参議院 環境委員会理事
参議院 東日本大震災復興加速化本部副本部長
自民党 女性活躍推進本部長
令和 元年参議院 財政金融委員会理事
自民党 女性活躍推進本部長
自民党 デジタル社会推進特別委員会副委員長
第24回参議院議員選挙当選(3期目)
令和 元年10月法務大臣(第4次安倍第2次改造内閣)
カテゴリー
国会議員 国務大臣 法務大臣 百田尚樹

森雅子法相>百田尚樹氏 受刑者にも10万円給付は「典型的な法律バカのやることですね」

作家の百田尚樹氏(64)が28日、自身のツイッターを更新し、政府による一律10万円の給付は受刑者も対象となることに疑義を唱えた。  この日、森雅子法相が受刑者や死刑囚であっても10万円給付の対象となるという方針を示したことについて「典型的な法律バカのやることですね」とバッサリ。  続けて「人間の常識として、悪事を働いて刑務所に入ってるクズに10万円を支給するのはおかしいとなるのが普通。しかし『人権』とかのフィルターがかかると、まともな考えができなくなるという典型的な例」と主張した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8a49f4ea6096548243d6f0f33686142a1b1af9e

「受刑者にも一律10万円の給付がなされるのであるから、国会議員にも一律10万円給付が給付されるのは、当然である。」

これが、弁護士資格をもった法務大臣の法律解釈、市民感覚なんだと思います。

追記

いや、これは違う気がしてきました。

例えば、受刑者が1万人いるとします。

国は、1万人×10万円のお金を支出します。

では、1万人全員にこの10万円が配布されるか?

私は配布されない、と思いました。

では、配布されないお金は、誰が受け取るのか?

今回のアベノマスクと同じ構図だと思います。

政府は、受刑者や本来、配布しなくてもいいはずの人も給付をさせたいんだと思います。

正々堂々と、国からお金を引き出すことができるからです。

結局、名目は誰にでも、実際は、自分たちの懐に入れるため、というのが今回の給付理由だと思うようになりました。