カテゴリー
国会議員 国務大臣 法務大臣

「100キロで行って」河井克行前法相のスピード違反“教唆”音声を公開する

河井案里参院議員(46)の昨夏の参院選を取り仕切った河井克行前法相(57)。その選挙にまつわる公選法違反事件は、すでに秘書ら2人が起訴されたウグイス嬢の違法買収にとどまらず、広島県内各地の首長や県議、市議が次々と地検の事情聴取に呼ばれるなど捜査が続いている。渦中の克行氏について、今回、「週刊文春」が新たな疑惑を呼ぶ音声を入手した。 【動画】決定的な道交法違反の“教唆”音声  かねてから、克行氏が秘書にスピード違反や、高速道路で極度に車間距離を詰める「あおり運転」を命じているといった情報が度々寄せられてきた。  今回「週刊文春」が入手したのは、それを裏付ける決定的な道交法違反の“教唆”音声だ。以前、地元の私設秘書を務めていたA氏が語る。 「克行氏のパワハラは特に車中でひどかった。私は運転手を兼ねた秘書をしていましたが、とにかく、車に乗ると些細なことで一日中怒られます。自分に非がないことを証明するために音声を録りました」  膨大に保存された録音を聞いてみると、例えば雪が舞う真冬のある日、県北へ向かう中国自動車道でのこんなやり取りがおさめられている。  克行氏「もうちょっと速く行って。だいたい100キロくらいでいってよ。(中略)今、何キロ?」  秘書「108キロです」  克行氏「100か110の間くらいで。それが一番いいよ」  秘書が「規制は今日、50になってますけど」と指摘すると、「ふーん」とつまらなそうに一蹴する。  ちなみに、50キロ超の速度違反は違反点数12点で、一発免停だ。この日の気温は路面が凍りかねない氷点下。危険極まりない超過速度の強要である。  山田秀雄弁護士が語る。 「これは悪質なパワハラですし、道交法違反の教唆犯にあたる可能性があります」  A氏はこう振り返る。 「高速道路での車間距離の詰めかたは、あおり運転以外の何物でもなく、前方の車も恐怖だったでしょう。思い通りの運転じゃないと罵られるし、真冬の速度違反も怖かった。法令遵守のかけらもない人が法相になったのには驚きました。いまだに国会議員を続けているのが許せません」  克行氏の事務所に、こうした言動について質問したが、回答はなかった。  4月30日(木)発売の「週刊文春」では、克行氏の近況やその他の音声についても詳報している。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年5月7日・14日号

【関連記事】

カテゴリー
国会議員 国務大臣 法務大臣

森 まさこ

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/meibo/daijin/mori_masako.html

プロフィール

生年月日昭和39年8月22日
出身地福島県
参議院議員福島選挙区 当選3回

略歴

昭和63年東北大学法学部 卒業
平成 7年弁護士登録
平成11年米国ニューヨーク大学法科大学院客員研究員
平成17年金融庁総務企画局課長補佐(貸金業法)
平成18年金融庁検査局金融証券検査官(証券・金融)
平成19年第21回参議院議員選挙当選
平成21年自民党 法務部会長
平成22年自民党 副幹事長
平成23年参議院 法務委員会理事
参議院 東日本大震災復興特別委員会理事
平成24年参議院 行政監視委員長
第2次安倍内閣で初入閣。女性活力・子育て支援担当大臣 ※平成26年9月まで1年8ヶ月
平成25年第23回参議院議員選挙当選(2期目)
平成26年参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員
参議院 財政金融委員
参議院 国民生活のためのデフレ脱却及び財政再建に関する調査会理事
自民党 女性活躍推進本部PT座長
平成27年自民党 環境部会長
参議院 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会理事
平成28年参議院 環境委員長
参議院 東日本大震災復興特別委員会
参議院 資源エネルギーに関する調査会
平成29年参議院 環境委員会理事
参議院 東日本大震災復興特別委員会
参議院 資源エネルギーに関する調査会
自民党 総務副会長
自民党 治安・テロ対策調査会会長
平成30年参議院 環境委員会理事
参議院 東日本大震災復興加速化本部副本部長
自民党 女性活躍推進本部長
令和 元年参議院 財政金融委員会理事
自民党 女性活躍推進本部長
自民党 デジタル社会推進特別委員会副委員長
第24回参議院議員選挙当選(3期目)
令和 元年10月法務大臣(第4次安倍第2次改造内閣)
カテゴリー
国会議員 国務大臣 法務大臣 百田尚樹

森雅子法相>百田尚樹氏 受刑者にも10万円給付は「典型的な法律バカのやることですね」

作家の百田尚樹氏(64)が28日、自身のツイッターを更新し、政府による一律10万円の給付は受刑者も対象となることに疑義を唱えた。  この日、森雅子法相が受刑者や死刑囚であっても10万円給付の対象となるという方針を示したことについて「典型的な法律バカのやることですね」とバッサリ。  続けて「人間の常識として、悪事を働いて刑務所に入ってるクズに10万円を支給するのはおかしいとなるのが普通。しかし『人権』とかのフィルターがかかると、まともな考えができなくなるという典型的な例」と主張した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/d8a49f4ea6096548243d6f0f33686142a1b1af9e

「受刑者にも一律10万円の給付がなされるのであるから、国会議員にも一律10万円給付が給付されるのは、当然である。」

これが、弁護士資格をもった法務大臣の法律解釈、市民感覚なんだと思います。

追記

いや、これは違う気がしてきました。

例えば、受刑者が1万人いるとします。

国は、1万人×10万円のお金を支出します。

では、1万人全員にこの10万円が配布されるか?

私は配布されない、と思いました。

では、配布されないお金は、誰が受け取るのか?

今回のアベノマスクと同じ構図だと思います。

政府は、受刑者や本来、配布しなくてもいいはずの人も給付をさせたいんだと思います。

正々堂々と、国からお金を引き出すことができるからです。

結局、名目は誰にでも、実際は、自分たちの懐に入れるため、というのが今回の給付理由だと思うようになりました。